医薬品をネットで購入したい方必見!違法サイトに引っかからない、安全な利用法ガイド

きちんと感があれば安心!プラス、厚労省ルールをチェック

厚生労働省指導、医薬品販売サイトのルール

ズバリ、わかりやすいルールのひとつめは、「薬局としての実店舗」を構えた販売業者が開設したサイトであること、です。
トップページに店舗名の表示が義務付けられていますし、店の写真も掲載しなくてはなりません。
あなたが通販サイトを選ぶとき、「あ、この店知ってる!」というところを探せば、まず間違いなし。
行ったことがある、買ったことがある、しかも、薬剤師さんの診断や処方を受けたことがあるなら、迷わずそこにすべき。
厚生労働省は、ほかにも細かい規定を設けています。
判断の基準にしやすい、主なものを挙げると、「勤務中の薬剤師、もしくは登録販売者の氏名が記載されていること」「にいつでも相談できる、電話番号やメールアドレスなどが記載されていること」などがあります。
この、電話やメールを通して相談する際にも、厚生労働省ルールがたくさんあります。
しっかり問診してくれるお店(サイト)が安心、と言えるでしょう。

違法サイト、疑わしきは通報もアリ

どんなサイトが怪しいと思いますか?
そう、厚生労働省の規定を守っていないところ。
列挙しますと、店舗の所在が怪しい、記載された事項に食い違いがある(会社名とURL、口座名義など)、メールアドレスのドメインが法人でない、など。
大手を「語って」いる場合もあります。
違法サイトあるあるです。
正規店なら、厚生労働省のHP「一般用医療品の販売サイト一覧」に記載されていますので、確認してみましょう。
アカン、これは違法サイトや!と気づいたら、同HPに、通報コーナー「あやしいヤクブツ連絡ネット」もあります。
実は、こういった違法サイトの監視・摘発は、各地方自治体が行うことになっているのですが、手が回らないというのが実情。
私たち消費者が賢くならねばなりません。


シェアする

B!