医薬品をネットで購入したい方必見!違法サイトに引っかからない、安全な利用法ガイド

健康も便利も手に入れたい!医療品のネット購入を安心サポート

誰もが感じたネット販売、ここが不安

「良薬は口に苦し」といいますね。
苦いだけならいいのですが、効き目のある薬には、強い副作用が見られるものもあります。
また、近年は「お薬手帳」も一般化し、もともと知られていた薬の飲み合わせによる危険回避の必要性も、誰もが知るところとなりました。
ですから、医薬品のネット販売が許可されるにあたっては、医師、薬剤師と直接会わずして購入するのは、少し不安だという声が上がっていました。
副作用のリスクを知らずに購入してしまうのではないか。
誤った薬を選んだり、服用の仕方を間違ったりしないか。
ほかにも、金銭トラブル、品質の保証問題など、通販ならではの問題は容易に予想がつきます。
このサイトをご覧になっているあなたも、同様のお考えではないでしょうか。

リスク満載、違法サイト出現

通販のいちばんの利点。
「店頭販売より安い」というもの。
確かに、服とか消耗品とか、ネットで買うとお得ですよね。
でも、医薬品に関しては……、「すごく安いな」は注意報レベルです。
そもそも、医薬品の販売に際しては、薬事法により、誇大広告、オークション販売は禁止されています。
過度に値引きしたり、消費者と交渉できる場をつくったりすることが、薬の品質保持を脅かすからです。
まさに、「安かろう悪かろう」になってしまいます。
さらに、「代金の振込口座が個人名義」は警報レベル。
ネットで医薬品を販売するためには、厚生省が設けた厳しい基準をクリアしなくてはなりません。
薬剤師が常駐する、薬局としての店舗を構えた事業者でなければ、医薬品ネット通販をしてはいけないのです。
偽サイトに引っかからないためのポイントは、次ページでも詳しくお知らせしますが、まずは、この2つが重要ポイントと覚えておいてください。


シェアする

B!